熊五郎の登山日記

熊五郎の登山日記
朝顔が咲きました

今年は梅雨に入るのが遅かったのですが、入ってからは比較的はっきりした梅雨空になりました。子供の頃は夏が待ち遠しいものでしたが、大人になると、あの暑さを想像するとうんざりです。子供の頃と暑さも違うようです。 その子供の頃の […]

続きを読む
熊五郎の登山日記
山頂での悪戯

先日登った赤城山の地蔵岳の山頂で写真のようなものを見ました。山頂に転がっていた古い石灯篭などの石を集めて積んだものと思われます。みなさんはどう思われますか? 見てわかるように非常に不安定です。ほかにもこれより低いものがも […]

続きを読む
熊五郎の登山日記
この時季の花:ニシキウツギ

先日群馬県前橋市の赤城山に登って訪れた「覚満渕」(かくまんぶち)で久しぶりに「ニシキウツギ」に出会った。ウツギ(空木)はこの時季の花である。この花木は湿気を好むのだろうか、沼近くや沢筋に多いような気がする。空木と言うだけ […]

続きを読む
熊五郎の登山日記
上州赤城山の一等三角点

赤城山 地蔵岳の 一等三角点 本点 標高 1673.88m。赤城山は群馬県の上毛三山の一つである。すっぽりと群馬県内にあり、他県とは接していない。赤城山というピークは無く、上部のカルデラ湖である大沼をぐるりと取り囲むよう […]

続きを読む
熊五郎の登山日記
山が割れる

このような林道から登山道を駆け上がるバイクがある登山口でときどき、「トレラン、バイクお断り」の看板を見ることがある 以前登った山にこんな看板がありました。そのままではないですが、こんな感じです。 「バイクで進入しないでく […]

続きを読む
熊五郎の登山日記
ヤマツツジもそろそろ終わりですね

先日1000m級の尾根筋を歩いてきましたが、まだそこかしこにヤマツツジは咲いています。しかし、近づいて見てみると、何度か雨に打たれた感じ。少し色ぬけもしています。 ただ、そのヤマツツジ、なかなかしぶとい面もあり、なかなか […]

続きを読む
熊五郎の登山日記
新緑はどんどん高みへ逃げてゆく

4月の半ばごろは生活道路から見える街並みに新緑がありましたが、どんどん逃げて行って、5月に入った今は標高1500m前後にあるようです。そんな新緑を追うように、高い山へ、高い山へと登って行きますが、先日登った南小太郎山は、 […]

続きを読む
熊五郎の登山日記
最近女性の単独登山者が増えた

一時期よく話題になった山ガール。ガールだから若い女性をイメージする。カラフルなウェアを着こなして、さっそうと歩いてくるのは山ガールである。しかし、私が歩く山域ではあまり山ガールは見かけない。たぶん東京などのt都会から便利 […]

続きを読む
熊五郎の登山日記
山屋は自転車が苦手

先日下山場所に駐車場に車を置き、登山口までの約10キロ 高低差200mの登り車道を自転車で移動しました。タクシーを使うか、途中までバスに乗って残りの4キロを歩いてもよかったんですが、家に折り畳み自転車があるし、今回はひと […]

続きを読む
熊五郎の登山日記
ヤマツツジ

桜も終わり、藤もそろそろ終わりでしょうか。山ではカタクリが終わり、山桜も終わり、そろそろヤマツツジの頃でしょうか。ヤマツツジは鮮やかな朱色のツツジ。まだ多くの木々が幼葉を出し始めたばかりの山中を彩ります。北関東でヤマツツ […]

続きを読む